施工方法

Windamper

次世代制振装置Windamperは、
抜群の施工性を発揮して、
建物への取り付けが非常に簡単で、
取り付け工事費を大幅に抑えることが可能です。

Windamper 標準施工手順

標準取付寸法
345mm ± 45mm

柱面より345mm±45mmが標準寸法です。
型紙に合わせてビスを打つ5mm程度残し、
シリンダー側の取付金物をビスにひっかけます。
取付金具にスリットが付いている方が外側です。
梁側のビスを打ち、柱側のビスを打ち、施工完了です。

①梱包箱から型紙を取り出す

②型紙を横架材にあてビスを打つ

③ビスを3.5~5mm残して打つ
   型紙をはずす

④ダンパーの取付金具を差し込む

⑤手を放しても落ちない
   残りのビスを打つ

⑥柱側のビスを打つ
   スリットが付いている方が外側

施工上の注意

①取付ビスは、必ず専用のビス(同梱されているもの)を使用し、所定の位置に全て打ち込んでください。
②横架材の際、柱の背割り近くにビス止めをする場合、木材の割れに十分注意してください。
③ダンパー本体に強い衝撃を与えないでください。
④梱包から出したままの寸法で取付けてください。取付前にダンパーに力を加えて伸ばしたり短くしたりしての取付はできません。
⑤一度でも分解されたものは、取付できません。

Windamperに関する資料請求・お問合せ

資料請求

お問合せ

TEL: 045-594-6020 / FAX: 045-594-6021